学費管理システム

学納金等徴収業務を効率化
オンライン申請システム”e-Shien”対応

学費管理システム

300校を超える現場のノウハウを結集した学納金等徴収システムの決定版
学費管理システムは、パターン化による効率化と、極めて自由度の高いイレギュラー対応力を高度にバランスさせており、現場で鍛えられた、現場の要望に応える、現場のためのシステムです。

学校経営において重要な
学納金等徴収業務を
効率化するメリット
手作業による
ミスの削減
非効率な業務の
人件費の削減
収納率
向上
クレーム対応
の減少
学校経営において、会計業務と並び重要な位置を占めるのが学納金等徴収業務です。
頑張れば手作業でも遂行可能な業務であると思われがちですが、学納金徴収専用のシステムを導入しない場合の機会損失は非効率な業務から発生する人件費のみならず収納率やミスによるクレーム対応等多岐に渡ります。
学費管理システムは、現場の効率化と収納率向上を第一の目的とした即戦力たり得るソフトウェアです。

オンライン申請システム
「e-Shien」対応

いよいよ全国の高等学校で「e-Shien」での運用がスタート

平成31年4月より、マイナンバーに対応した高等学校等就学支援金事務処理システム「e-Shien」が導入されました。
スクールマイスター学費管理システムは、この「e-Shien」にも対応しておりスムーズな導入が可能です。

e-Shien対応の学費管理システム
導入のメリット
「e-Shien」への生徒個人情報の登録がとても面倒・・・
「e-Shien」でインポート可能なファイル形式の生徒情報データを当システムより出力します。
「e-Shien」に登録されている情報を有効活用したい!
「e-Shien」より出力可能な情報を当システムへ取り込みます!※就学支援金の認定情報など
マイナンバーを用いた就学支援金の運用が始まり、運用が煩雑になった!
就学支援金と授業料の相殺徴収や経過分の差額調整から返金処理まで一連の業務を効率化します!

学費管理システムの特徴

様々な徴収体系に対応

毎月払い・学期払い・一括払い等の任意期間の選択に加え、それらの混合運用も前提としたイレギュラーに強いシステムです。就学支援金や各種減免に奨学金や特待生減免といった、個人別の変則情報もグループ化して一括割当・管理ができます。
パターンを用いた定型から任意グループへの自由なパターン割り付け、特定個人の支払スケジュール登録等あらゆる学納金徴収に対応します。

充実の帳票エディット機能

全ての帳票はシステムから直接印刷することも可能ですが、全てMicrosoft Excel©にて自由にデザインを変更し出力することができます。たとえば、学園様によって様式の異なる[口座振替案内]や[振込案内書(振込用紙付き)]も、学園様がMicrosoftExcel©でデザインしたレイアウトをそのままお使い頂けます。
学園様がデザインしたオリジナル帳票は、そのままシステムから直接印刷するだけではなく、そのままMicrosoft Excel©ブックとして保存することができますので、学生毎の個別追記等を自由に行うことができます。
また、PDFファイルとして保存することもできますので、そのまま保護者へのメール送付媒体として活用することもできます。単一の帳票であっても複数のデザインを自由に追加し、必要に応じてデザインを切り替えて出力することができます。 従来のシステムでは全てメーカーへの別注作業となっていた帳票カスタマイズも、学費管理システムではメーカーを介することなく学園様がお望みのタイミングで自由に変更して頂くことができます。

多彩な入金方法と口座管理

学生の口座を複数登録し、用途に応じて使い分けることができます。
学納金はA銀行の口座から振替、寮費はB銀行から振替、返金はC銀行の口座宛に振込といった複雑な業務もシステムにより定型化、複雑さを意識することがありません。
併せて、学園側の口座も用途に応じて複数口座の管理ができます。
入金方法は銀行・ゆうちょ銀行・各種収納会社からの口座振替、振込、現金払い、仮受金からの振替を標準でサポートしています。
返金処理(学生口座への総合振込)も標準でサポートしていますので、学納金に関するあらゆる出納を一元管理することができます。

収納率向上を目指して

学費管理システムの特徴の一つでもある交渉管理機能をご活用頂くことで、収納率の向上を目指すことができます。
学生(保護者)毎に5W1Hをベースにした交渉を時系列に記録することができます。
データは全てのクライアントで共有可能ですので特定の担当者に依存しない督促系管理が可能となります。
また、交渉の状況に特定の区分を設定することで「今月の要注意一覧」等のリストもシステムで管理することができますので、現場の効率改善も併せて期待できます。

会計システムとの親和性を重視

学校会計システムへの仕訳出力を標準機能として実装し、学納金の収納状況を即座に学校会計において必要な仕訳に変換して出力します。
学納金科目と学校会計科目の変換・集計・前受金科目コード変換など、業務間の運用差違を吸収する機能を組み合わせることで、スムーズな会計業務連動を実現することができます。
操作画面の一例
メインメニュー
科目別年間集計表
納付金台帳
納付情報一覧
宛名ラベル
生徒名簿プレビュー
追加可能なアドオン例

振込入金取込
学生からの振込入金を全銀フォーマットで取得可能な場合、振込入金消し込みをファイル取り込みにより自動化することができます。振込状況を示す日計一覧表や、取り込み可能データ一覧・取り込み不可データ一覧・取り込みエラーデータ一覧等の各種確認帳票もこのアドオンに含まれます。

収納会社連携
全銀フォーマットを用いた銀行からの口座振替とは別に、クレジット会社等の収納会社を経由して口座振替を行う場合の特殊フォーマットに対応するためのアドオンです。

預り金管理
各種授業料や教材費等を預り金にて処理している学園様や全寮制学園における小口決済処理向けのアドオンです。預り金使途のマスタ化や、複数の学生に対する一括入力や一括編集、各種集計帳票と保護者向けレポート等、預り金業務に必要な機能を実装しています。